CATEGORY 登山アクセサリー

         ギア NO IMAGE
  • 2022.07.27

15秒で川の水が飲める!Graylの浄水ボトル「ULコンパクトピュリファイヤー」を試してみた

アイキャッチ画像撮影:筆者 きれいでも飲むのは危険な「川の水」 出典:PIXTA(山の清流) 山間に流れる、キラキラと輝くきれいな清流。いかにも美味しそうで、つい飲みたくなってしまいますが、実は大きな危険が潜んでいる可能性があることをご存知ですか? その原因は動物のフンや死骸、人間が持ちこんだゴミ。見た目がどんなにきれいであっても、ピロリ菌、寄生虫(エキノコックス)、ノロウィルスなどが発生している可能性があり、そのまま飲むと発熱や腹痛はもちろん、それ以外の重篤な症状を引き起こす可能性があるんで...

         ギア NO IMAGE
  • 2022.07.22

「携帯トイレ」7製品の使い方やニオイ漏れは?人気商品をタイプ別に比べてみた

アイキャッチ画像撮影:筆者 山で起こりがちな「トイレの大行列」 出典:PIXTA(トイレに困っている様子) 山でシビアな問題が「トイレ事情」。よく知られたメジャーな山ではトイレが設置されているところも増えてきていますが、そうではない山ではトイレ自体がないところも多いのが実態です。 あったとしても「大行列で使えない……」「汚れが気になって使いたくない・・」と感じたことのある人も多いのではないでしょうか? 「じゃあ外でこっそりしてしまえばいいんじゃ……?」と言われればもちろんNG。土壌や水質の汚染...

         ギア NO IMAGE
  • 2022.05.28

簡単に出来る熊対策!お気に入りの「クマ鈴」を手に入れよう!

アイキャッチ画像撮影:KaoA 熊は臆病…人間になんて会いたくない 出典:PIXTA 人が熊に襲われるニュースは度々流れ、山に入れば熊の出没情報は至る所で目にします。 本来熊は臆病な動物といわれ、食用や興味から人間を襲うことはありません。ただ、熊にとって人間は未知の生物。恐怖の対象です。 人間を敵と判断し身の危険を感じた熊が、自身や子熊を守るために攻撃をしてくる。山で熊に襲われる事故は、望まない偶然から起こってしまうのです。 人間も熊に会いたくない 出典:PIXTA 本州はツキノワグマ、北海道...

         ギア NO IMAGE
  • 2022.05.25

スタンレーの人気ボトルはどれ? 押さえておくべき水筒をシリーズ別に紹介。限定アイテムもチェック!

アイキャッチ画像撮影:筆者 創業100年以上!高機能ボトル界のパイオニア「スタンレー」 提供:Pacific Market International スタンレーの創業は100年以上前の1913年、アメリカでサーマルウェアブランドとして誕生しました。 定番商品であるスチール真空ボトルは、高い耐久性、保温・保冷力を持ったボトルとして世界に広く知られ、過去にはアメリカ海軍や宇宙飛行にも採用されたことがあるほど。 最近ではその技術をもとにして、マグや、タンブラー、クッカー、クーラーボックスなど様々な商...

         PickUp NO IMAGE
  • 2022.05.09

サーモボトル界のニューカマー!話題の3モデルは「山でどれだけ使えるのか?」レビュー

れびゅアイキャッチ画像:ポンチョ 今回試したのはサーモス、タイガー、ニトリの3ボトル! 撮影:ポンチョ 山で使う保温・保冷機能を持ったサーモボトル。各ブランドから多くのモデルが出ていますが、最近発売されたなかから、ポンチョが「コレは!いいかも!!」と思えた3モデルを集めて、実際に使ってみました。   [中央]サーモス/真空断熱チタンボトル(FJN-500T) 待望のチタン製。当然軽さが特長で、ULハイカーを中心に人気を集めています。   [右]タイガー/カスタムボトル(スタン...

         POLEPOLE - FASHION NO IMAGE
  • 2022.04.15

メガネ派必見! 悩み知らずのサングラス「グリーングラス」をおすすめしたい3つの理由

山登りは紫外線に要注意! 出典:PIXTA 近年、登山中に紫外線から受ける人体への影響について関心が高まっています。 標高が高い場所は麓と比べて紫外線の量が多くなるため、日焼けだけでなく皮膚や目の病気の原因になる、全身の疲れにつながる、といった点が懸念されているのです。 気象庁の発表によると、紫外線の強さは標高が1,000m上がるにつれて、約10%増加するとされています。さらに、大気が澄んでいる場合は、紫外線の強さはますます高くなるとのこと。 標高が低い場所でも紫外線を浴びすぎると皮膚がん...

         ギア NO IMAGE
  • 2022.04.12

【一斉比較】SOLの「エスケープヴィヴィ」「エマージェンシー」シリーズを集めて違いを比べてみた!

アイキャッチ画像撮影:筆者 エマージェンシーグッズのトップメーカー「SOL」 撮影:筆者 みなさんは「サバイバルシート」を持っていますか? 災害時の備えとして知られてきたサバイバルシートですが、その機能性の高さから、最近では登山で使う人も増えて来ました。緊急時に体を温める目的はもちろん、雨や汚れからも守ってくれたりといろいろな登山シーンで活躍。アウトドアメーカーだけでなく、100円ショップでも販売されたりと、かなり身近な存在になってきました。 撮影:筆者 その中でもアメリカのブランド「SOL...

         ギア NO IMAGE
  • 2022.02.21

”超軽量ボトル”の定番!「プラティパス」の魅力と使いこなし術

アイキャッチ画像撮影:筆者 「水の確保」は最重要!だけれども・・ 出典:PIXTA(山でペットボトルを掲げている画像) 「水をきちんと確保すること」。 登山をする人なら誰もが守りたい原則ですが、いざ準備してみると意外に大変です。 例えば2Lくらいの水を持っていこうとしたとき、ハードタイプのボトルだとかさばってザックに入れるのも一苦労・・・。つい水の量を減らしたくなってしまいます。 そんなときに活躍してくれるのがこのプラティパス。 撮影:筆者 形が変形するためスペースを無駄にせず収納ができ...

         POLEPOLE - FASHION NO IMAGE
  • 2022.02.16

ジップ付袋は卒業!?”繰り返し使えるゴミ袋”「ガベッジバック」は想像以上に素敵なアイテム

アイキャッチ画像撮影:筆者 ゴミ袋も繰り返し使う時代。ガベッジバッグって知ってる? 出典:PIXTA 登山中に出るゴミの持ち帰り、どうしてますか? 手軽で身近なのは持参したポリ袋に入れる方法や、ジップ付き袋を使う方法などさまざまな方法ですが、最近話題なのが”繰り返し使えるゴミ袋”! 今回は山でのゴミ袋のニュースタンダード・ガベッジバッグ/トラッシュバッグの特徴や使い方をご紹介します。 *「繰り返し使えるゴミ袋」はさまざまな名称がありますが、今回はガベッジバッグに統一表記します。 SNSでも雑誌...

         POLEPOLE - FASHION NO IMAGE
  • 2022.02.14

保温力で名高い「サーモス山専用ボトル」はやっぱり登山者の最強パートナーだった

アイキャッチ画像撮影:筆者 寒い山で使うなら大切にしたい「保温力」、もう一つは・・・ 出典:PIXTA(雪山に置かれたボトル) 保温ボトルを選ぶ上でまず重要なのは「保温力」。せっかく持っていったのに、お湯の温度がキープできず、冷たくなっていたらショックですよね‥。気温の低い山の上でも温度を落とさない、しっかりとした保温力が不可欠です。 出典:PIXTA(雪山でボトルを使っている様子) もう一つは「使いやすさ」。いちいち手袋を外さないと使えないボトルではストレスがたまりますし、行程のロスにつなが...