CATEGORY インナー上

         インナー NO IMAGE
  • 2022.08.18

発汗量の多い時やウォータースポーツに最適!速乾性に優れたモンベルの「ジオラインL.W.」

アイキャッチ画像撮影:筆者 まとめ買い必至!夏山登山やウォータースポーツに「ジオラインL.W.」 出典:PIXTA 大量に汗をかく夏の登山やアウトドアには欠かせないアイテムのひとつ、機能性インナー。 その中でも、モンベルの「ジオラインL.W.」は汗を素早く吸い取り、サラッとした着用感と保温力を発揮。汗冷えの防止に役立つアイテムです。 提供:mont-bell(左/右) Tシャツを始め、タイツやショーツ、ウォーマーなど、豊富なラインナップで展開されているので、登山や沢歩き、水辺のレジャーなど、...

         PickUp NO IMAGE
  • 2022.06.28

濡れ・ベタつき知らずのカギは 「肌に触れるアンダーウェア」。国産ブランド新アイテムに注目!

「濡れ」問題は内側からも起きている 出典:PIXTA 低体温症や靴擦れなど、濡れが登山中にトラブルの原因になることは、みなさんご存知の通り。レインウェアや防水性の高いシューズの用意は、バッチリなのではないでしょうか。 しかし、濡れは雨や朝露など外側からの要因だけで起きるわけではありません。登山につきものの汗も、ウェアを濡らす一因になります。 なんと、登山中は1日に2L近くも汗をかくと言われています。内側からウェアを濡らす汗をうまくケアできないと、雨に濡れるのと同じく、トラブルの原因になってしまう...

         PickUp NO IMAGE
  • 2022.06.15

使ってないなんてもったいない!「ドライナミック」は、汗の季節に山でも街でも手放せない最強ウェアだ

山でも街でも“汗”や“ベタつき”は重大な問題 気温が上がってきて本格的な登山シーズンがやってきた!と、うれしいことばかりではなく、暑くなってくると出てくるのが汗やベタつき問題です。 対策としてはインナーを着るなどがありますが、たくさん汗を吸って肌にはりついてしまい、不快感MAXなんてことも……。 さらに街では不快なだけの汗も、登山中は死活問題!肌が濡れたままになると汗冷えを引き起こし、体力の消耗につながるため「ただの汗」と見逃すことはできません。 “ドライ”でいる秘訣はインナー選び! だか...

         POLEPOLE - FASHION NO IMAGE
  • 2022.04.19

このシーンにはこのモデル!パタゴニア『キャプリーン・クール』4種類の特徴や違いを解説

アイキャッチ撮影:高橋 典子 パタゴニアの『キャプリーン・クール』シリーズ 撮影:高橋 典子 1985年にポリエステル製のベースレイヤーとして誕生して以来、進化し続けてきたパタゴニアの『キャプリーン』シリーズ。夏のトレッキングからトレイルランニング、雪山登山やスキーに釣りなど様々なフィールドでの活動に対応するモデルが展開されています。 アップデートが繰り返され、アウトドアに限らず日常のなかでも着たくなるラインナップ。透湿性、保温性、速乾性などに違いがあり、季節や天候、運動量を考えて選ぶことで快適...